RAIKI
Dream Your Happy
RAIKI  ライキ株式会社 来嬉
ライキ株式会社のホームページの文章・写真を無断で転載する事を禁止します。
alumite.html へのリンク

化学研磨の理論
Theories of Chemical Polishing
木村博樹
 

 アルミの化学研磨液は日々進歩しており、より高い光沢が得られるように開発が進められている。また、その需要は今後も益々多くなって来るものと思われる。そこで本報告では、1タイプとSタイプの理論と特徴について述べる。

 

化学研磨について
 目的
 用途
化学研磨液の種類
 概要
 1タイプ(リン酸+硝酸)化学研磨
 Sタイプ(リン酸+硫酸)化学研磨
 Eタイプ(リン酸+硫酸)電解研磨
1タイプ理論(リン酸+硝酸タイプ)
 化学研磨の仕組み
 光沢剤
 ガス抑制剤
 抱硝剤
 
 

Sタイプ理論(リン酸+硫酸タイプ)
 化学研磨の仕組み
 光沢剤
 抑制剤
使用方法
 建浴方法
 液温
 処理時間
 比重管理
 硝酸濃度管理(1タイプについて)
 リン酸アルミ濃度管理
 揺動・撹拌
 前処理・後処理
 

アルトピア2009.5 P28〜33

 
論文についてのご意見、ご質問は、
ライキ株式会社 http://raikik@aurora.ocn.ne.jp までお問い合わせ下さい。